メインメニューを開く

関口 真大関口 眞大、せきぐち しんだい、1907年3月15日[1] - 1986年10月2日[2])は、天台宗の僧、仏教学者。

目次

経歴編集

栃木県生まれ。1931年大正大学文学部卒業。日光山華厳院住職。大正大学教授、1960年「天台止観の成立と達摩禅」で大正大学文学博士。78年定年、名誉教授。国際仏教研究所理事、全日本仏教会評議員を務めた。[3]

著書編集

  • 天台小止観の研究 初学坐禅止観要門』理想社 1954、新装増補版・山喜房佛書林 1961
  • 達摩大師の思想と達摩禅の形成 新資料による思想史的基礎研究 達摩大師の研究』彰国社 1957
  • 『禅とはなにか』社会思想社 現代教養文庫 1963、新版1984、形相 2008
  • 『禅宗思想史』山喜房佛書林 1964
  • 『日光 その周辺の美と自然』社会思想社 現代教養文庫 1964
  • 『達磨の研究』岩波書店 1967
  • 『天台止観の研究』岩波書店 1969、復刊1985、1995
  • 『匂い・香り・禅 東洋人の知恵』日貿出版社 1972

共著編編集

  • 比叡山』森定慈紹共著 社会思想社 現代教養文庫 1963
  • 『くらしにいきる坐禅教室』塚原琢哉撮影 社会思想社 現代教養文庫 1966
  • 『止観の研究』編 岩波書店 1975
  • 『仏教の実践原理』編 山喜房佛書林 1977
  • 『天台教学の研究』編 大東出版社 1978
  • 『現代に生きる仏教用語集』編著 大東出版社 1979

校訂・訳編集

論文編集

編集

  1. ^ *『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、601頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『達摩大師の研究』著者紹介