メインメニューを開く

阪東壽三郎 (3代目)

三代目 阪東壽三郎

三代目 阪東壽三郞(さんだいめ ばんどう じゅうざぶろう、ばんどう じゅさぶろう、新字体:寿三郎1886年明治19年)12月10日 - 1954年昭和29年)9月24日)は、大阪歌舞伎役者。屋号豐田屋俳名に菊翠。本名は阪東 與三郞(ばんどう よさぶろう、新字体:与三郎)。妻のあい子は、伊藤道郎伊藤熹朔千田是也兄弟の姉妹。

略歴編集

二代目阪東壽三郎の長男として大阪に生まれる。1891年(明治24年)4月大阪角座で初舞台、阪東長次郎と名乗る。

1912年大正元年)11月大阪浪花座の『櫻吹雪』で三代目阪東壽三郎を襲名。その後一時東京で二代目市川左團次一座に加わる。帰阪後の1929年(昭和4年)、新劇運動に加わり、石川薫小堀誠初代水谷八重子初代市川紅梅らと「第一劇場」を立ち上げるなどの新しい試みを行った。戦後は三代目市川壽海とともに双壽時代と呼ばれる一時代を成し、二代目實川延若亡き後の関西歌舞伎を支えた。1954年(昭和29年)5月日本芸術院賞を受賞。同年6月の歌舞伎座楼門五三桐山門』の五右衛門を最後の舞台として死去。

芸風:西の左團次編集

関西の役者にしては珍しくあっさりとした芸風で、自身が二代目左團次に師事したこともあり、その影響を受け継ぎ「西の左團次」と呼ばれることもあった。新歌舞伎を得意とし、『大石最後の一日』の大石内蔵之助や『番町皿屋敷』の青山播磨、『鳥辺山心中』の菊地半九郎など左團次物に本領を発揮した。逆に丸本物になると冴えなかったが、それでも晩年には芸が伸びて得意とするようになり、『心中宵庚申』の半兵衛や『桂川連理柵』(桂川)の長右衛門、『伊賀越道中双六沼津』の重兵衛、『御所櫻堀川夜討』(弁慶上使)の弁慶、『仮名手本忠臣蔵』の由良助などが当り役となった。それだけに関西歌舞伎の復興を目前にしての死は、歌舞伎界にとっても大きな痛手で、これが関西歌舞伎の長期低迷の一因ともなった。

外部リンク編集