阿武川(あぶがわ)は、山口県北部を流れる二級水系の本流。山口県内では流路延長・流域面積とも錦川に次ぐ水系規模を誇る[1]

阿武川
上流阿武川ダム
阿武川ダム
水系 二級水系 阿武川
種別 二級河川
延長 82.2 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 694.8 km²
水源 山口県山口市阿東嘉年上
水源の標高 -- m
河口・合流先 日本海(山口県萩市)
流域 日本の旗 日本 山口県
テンプレートを表示

地理編集

山口県山口市阿東嘉年上に源を発し、阿東徳佐を経て阿東篠目まで南下。そこから北西に流れの向きを変え、渓谷(長門峡)を形成しながら進む。萩市川上の阿武川ダムで支流の佐々並川などの支流と合流した後、萩市市街地の南で橋本川松本川(阿武川本川)の2つに分かれ三角州を形成。それぞれが日本海に注ぐ。河口部左岸には、萩港(浜崎地区)が立地している。

主な支流編集

  • 蔵目喜川
  • 佐々並川
  • 明木川

利水施設および流域の観光地編集

出典編集