メインメニューを開く

阿部 恒久(あべ つねひさ、1948年 - )は、日本日本史学者、共立女子大学国際学部教授[1][2]。近現代史を専門とし、おもに明治期以降の地方史、ジェンダー史(女性史、男性史)などを研究している[3]

目次

経歴編集

新潟県生まれ[3]新潟大学人文学部を卒業し、早稲田大学大学院に学ぶ[3]1995年、「近代日本成立期の地域と政党 -「裏日本」化する新潟県の場合」により早稲田大学から博士(文学)を取得した[4]

鹿児島県立短期大学助教授を経て、共立女子大学国際学部教授となり[2]、国際学部長も務めた[5]

おもな業績編集

単著編集

共著編集

編著編集

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 研究者情報 阿部恒久”. 共立女子大学. 2014年7月22日閲覧。
  2. ^ a b 個人典拠詳細 阿部恒久”. 三島市立図書館. 2014年7月22日閲覧。
  3. ^ a b c EN2 Guests & Navigator”. 日経ラジオ社. 2014年7月22日閲覧。 - ページの「3/24 Mon.-3/28 Fri. Guests」をクリック
  4. ^ 近代日本成立期の地域と政党 -「裏日本」化する新潟県の場合 阿部恒久”. 国立国会図書館. 2014年7月22日閲覧。
  5. ^ “ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」平和フォーラム東京=特集”. 読売新聞・東京朝刊: p. 14. (2007年11月29日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧