メインメニューを開く
阿部武智雄

阿部 武智雄(あべ たけちお[1]1863年3月17日文久3年1月28日[2]1931年昭和6年)2月3日[3])は、衆議院議員立憲政友会政友本党)。

経歴編集

陸奥国北津軽郡七和村(現在の青森県五所川原市)に阿部弥吉の長男として生まれる。青森県師範学校を卒業後、小学校訓導を務めていたが、政界に進出し、七和村会議員、北津軽郡会議員、同参事会員、同議長、青森県会議員、同参事会員、同副議長、同議長を歴任した[4]。岩木川改修期成同盟会長として岩木川の治水に尽力し、また造林事業にも力を注いだ[3]

1917年大正6年)、第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第14回衆議院議員総選挙でも再選された。

その他に青森日報社専務取締役を務めた[5]

脚注編集

  1. ^ 『新訂政治家人名事典』
  2. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』1919年、1頁。
  3. ^ a b 『青森県人名録』226頁。
  4. ^ 『衆議院要覧』
  5. ^ 『人事興信録』

参考文献編集

  • 『衆議院要覧下巻 大正六年十一月』衆議院事務局、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 『青森県人名録』東奥日報社、1933年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。