陳 伯智(ちん はくち、生没年不詳)は、南朝陳皇族。永陽王。文帝陳蒨の十二男。は策之。

経歴編集

陳蒨と江貴妃のあいだの子として生まれた。温厚な性格で、経書や史書を広く渉猟した。568年光大2年)7月、永陽王に封じられた。太建年間、侍中となり、明威将軍の位を加えられ、佐史を置いた。まもなく散騎常侍の位を加えられた。582年(太建14年)、尚書左僕射に進んだ。使持節・都督東揚豊二州諸軍事・平東将軍として出向し、会稽郡内史を兼ねた。584年至徳2年)、入朝して侍中・翊左将軍の位を受け、特進を加えられた。589年禎明3年)、陳が滅亡すると、関中に入った。大業年間、岐州司馬となり、国子司業に転じた。

伝記資料編集