メインメニューを開く

陳 其美(ちん きび)は清末民初の政治家、軍人、革命家。中国同盟会に属した革命派の人士で、陳果夫陳立夫兄弟の叔父にあたる。英士

陳其美
Chen Qi-mei.png
プロフィール
出生: 1878年1月17日
光緒3年12月15日)
死去: 1916年民国5年)5月18日
中華民国の旗 中華民国(北京政府)上海市
出身地: 清の旗 浙江省湖州府(現在の呉興区
職業: 政治家・軍人・革命家
各種表記
繁体字 陳其美
簡体字 陈其美
拼音 Chén Qíměi
和名表記: ちん きび
発音転記: チェン チーメイ
ラテン字 Ch'en Ch'ih-mei
テンプレートを表示

目次

事跡編集

中国同盟会での活動編集

祖父は郷紳、父は商人の家に生まれる。年少時代は、学問や商業に勤しんだ。1906年光緒32年)夏、日本に留学し、警察関連の学校に入学する。この時、同時期に日本へ留学していた蒋介石と知り合う。同年冬に中国同盟会に加入し、翌年に東斌学堂で軍事を学んだ。

1908年(光緒34年)、陳其美は帰国し、浙江省や北京天津で同盟会支部の組織に奔走する。1909年宣統元年)夏、浙江省で革命派の蜂起を画策したが、仲間の裏切りにより事前に漏れ、失敗した。1910年(宣統2年)からは、上海で『中国公報』、『民声叢報』といった革命派の新聞社を立ち上げている。また、陳は、革命派の勢力を広げるために、上海の青幇などとの交渉を務めた。1911年(宣統3年)7月、上海に同盟会支部が成立すると、陳は庶務部長に任じられた。

辛亥革命編集

同年10月、武昌起義の勃発と共に、陳其美も上海での蜂起を計画し、11月3日に実行に移した。なお、事前に陳は、上海の立憲派とも協議を妥結するなど、各階層の幅広い支持を得ている。結局、蜂起は成功し、11月6日、陳は、上海の各層からの推戴を受け、滬軍都督となった。

さらに、陳其美は、江蘇省、浙江省などの革命派とも連合して、南京を攻撃し、12月2日、南京を占領した。これにより、陳は、南京に孫文を迎え入れ、中華民国の成立に大きく貢献したのである。ただこの間に、権力闘争のため、政敵である陶成章(江蘇省・浙江省の革命派指導者)を暗殺するなどしている。

民国時代の活動編集

1912年民国元年)3月、袁世凱が臨時大総統に就任すると、唐紹儀内閣の工商総長に就任する。しかし、まもなく唐が袁と対立して内閣が崩壊したため、陳も抗議して辞任する。さらに滬軍都督からも罷免された。1913年(民国2年)7月の二次革命(第二革命)では、陳は上海討袁軍総司令に推戴され、19日に上海独立を宣言する。しかし、陸海軍の正規部隊の支持を得られず、9月には敗北し、11月に日本へ亡命した。

1914年(民国3年)7月、東京で中華革命党が成立すると、陳其美もこれに加入し、総務部長に任命された。その後、帰国して袁世凱討伐活動に従事する。1915年(民国4年)2月から、上海で蜂起を画策し、12月5日に挙兵したが、失敗に終わった。1916年(民国5年)からは、護国戦争第三革命)に呼応して、引き続き上海等で反袁活動を続けた。しかし、資金不足などが原因で活動は停滞する。

同年5月18日、北京政府側の軍人である張宗昌が放った刺客により、陳其美は暗殺された。享年40(満39歳)。

参考文献編集

   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
(創設)
工商総長(就任せず)
1912年3月 - 6月
次代:
王正廷