メインメニューを開く

陳 品三(ちん ひんざん、Chén Pǐnsān、1849年1929年を鑫(きん・Xin)、を品三は、陳家太極拳の小架式を伝えた中国武術家。中国河南省陳家溝出身(陳氏太極拳十六世)。

陳鑫の祖父には陳氏小架式を伝えた武術家として著名な、 陳氏十四世陳有恒、叔祖父には同じく小架式・新架式を伝えた陳氏十四世陳有本が居る。

著書には唐豪陳泮嶺など著名な研究者や武術家たちに多大な影響を与えた、太極拳の歴史的テキストのひとつである陳氏太極拳図説、そして未だその内容が秘匿され続けているという三三拳譜がある。

陳鑫の門弟には、 陳氏太極拳の現存する殆どの拳架(大架式・新架式・小架式・趙堡架式)を総合的に学んだ伝人である陳子明が居る。