メインメニューを開く

陳法容(ちん ほうよう、生没年不詳)は、南朝宋の明帝劉彧の夫人。順帝劉準の母。本貫丹陽郡建康県

経歴編集

明帝の後宮に入り、昭華の位を受けた。明帝がその晩年に病のため身体が不自由になると、弟たちの妻妾で妊娠している者を宮中に入れさせた。男子を産むとその生母を殺し、後宮の寵姫に子を養わせた。劉準は桂陽王劉休範の子であったが、上のような経緯で法容が養母となったとされる。472年泰豫元年)、明帝が死去すると、法容は安成王太妃となった。477年昇明元年)、順帝が即位すると、法容は皇太妃となった。479年建元元年)、順帝が蕭道成に帝位を譲ると、法容は皇太妃の号を除かれた。

伝記資料編集