陽子過剰核(ようしかじょうかく)は不安定核の一種で、陽子の数が中性子の数よりかなり多い原子核のことである[1]。陽子過剰核においては、陽子の束縛が弱くなり、中性子の束縛が強くなる[2]。安定核同士の核融合反応で発生するのは陽子過剰核である[3]

脚注編集

  1. ^ 須田 利美 (2021年6月29日). “陽子の半径の正確な値を突き止めよ 半世紀前の“古い”加速器だからこそできること”. 東北大学. 2022年9月4日閲覧。
  2. ^ 小林俊雄 (2004年7月). “陽子ノックアウト反応による原子核構造の研究”. 東北大学. 2022年9月4日閲覧。
  3. ^ 石井哲朗 (2007年3月). “ウラン領域の中性子過剰核における殻構造”. JAEA. 基礎科学ノート Vol.14 No.2. 2022年9月4日閲覧。