階級闘争(かいきゅうとうそう、Class conflict, class warfare, class struggle)とは、生産手段の私有が社会の基礎となっている階級社会において、階級と階級とのあいだで発生する社会的格差を克服するために行われる闘争。この闘争により革命が起きるとされている。対義語として階級協調が挙げられる。

概要編集

マルクスエンゲルスの『共産党宣言』(1848年)においては「今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である」と規定され、階級闘争は社会発展の原動力として位置づけられている。

ソ連に代表される共産主義国家は、貴族資本家クラークなどを敵対階級として強制収容所に送ったり、強制労働に動員したほか、裁判なしで殺害する、彼らの子孫まで人権を認めないなどの迫害を加えた。ただし、共産主義国家成立以前にも、市民は強制労働をさせられたり裁判なしで処刑されるなど、元々人権が認められない社会であったことに留意する必要がある。

参考文献編集

カール・マルクス、フリードリヒ・エンゲルス 『共産党宣言

関連項目編集