隠岐 宗清(おき むねきよ)は、戦国時代武将尼子氏の家臣。隠岐国守護代甲尾城(国府尾城)主。

 
隠岐宗清
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文13年(1544年
幕府 室町幕府 隠岐守護代
主君 尼子氏
氏族 隠岐氏
父母 父:隠岐清秀
豊清
テンプレートを表示

略歴編集

隠岐氏は隠岐の国人京極氏の庶流・尼子高久の弟である秀重(宗清の祖父)が隠岐氏を称したとされる(諸説あり)。

隠岐清秀の子として誕生。父・清秀の死後、家督を継いで尼子氏の被官となる。

永正9年(1512年)、村上右京亮雅房に安堵状を送る[1]。永正11年(1514年)、村上清景らを奉行として国分寺を再興する。 大永3年(1523年)、甲尾城を築いて宮田城から居城を移した。

享禄3年(1530年)、水若酢神社との対立から隠岐の諸領主が反乱を起こすが、天文10年(1541年)には尼子氏の援軍を得て隠岐を統一する[2]

天文13年(1544年)、死去。その後、家督を継いだ子・豊清が父を弔うために寺領を出雲清安寺に寄進したという。

脚注編集

  1. ^ 『大日本史料』 9編4冊251頁。「村上文書」
  2. ^ 『史料総覧』9編909冊665頁。「陰徳太平記」「隠州觀聽合紀」「出雲私史」