メインメニューを開く

佐々木 宗清(ささき むねきよ、生没年不詳)は、鎌倉時代中期から後期にかけての武士隠岐宗清とも。通称は左衛門尉[1]隠岐[1]豊前守[1]従五位上[1]

佐々木時清の子[1]。母は大曾禰長経の娘[1]。妻は京極宗綱の娘。子に清高[1]清嗣[1]秀清[1]清貞[1]清顕[1]

北条時宗得宗家当主であった頃(弘長3年(1263年)- 弘安7年(1284年))に元服をし、その偏諱(「宗」の字)を授かったとみられる[2]生没年については未詳である。

墓所は島根県松江市の曹洞宗清安寺墓地にある。法号は幽窓院殿前隠州太守更月省三大居士という。

備考編集

  • 『皇年代記』正安3年(1301年正月18日条では「佐々木隠岐前司宗清」とするが、他の史料からその父・時清の誤記とされる[3]
  • 『尊卑分脈』の系図において、京極宗綱の娘を宗清の母としているが、年代的にこれは誤りで、実際には宗清の妻で清高の母と考えられている[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『尊卑分脈』。
  2. ^ 紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について」(『中央史学』二、1979年、P.15系図ほか)。
  3. ^ a b 細川・2000年・巻末基礎表P.73。

参考文献編集