メインメニューを開く

雖井蛙流(せいありゅう)は、日本剣術流派江戸時代の剣客深尾角馬が創始した。鳥取藩で伝承され、現在は鳥取市指定無形文化財

概要編集

丹石流去水流東軍流卜伝流神道流新陰流タイ捨流岩流戸田流など諸流を修めた深尾角馬が、「井の中の蛙と雖も大海を知らざるべけんや」との意で「雖井蛙流平法」と称して創始した。

兵法ではなく平法としたのは、武士が平素から稽古すべき心得を説いているからであるという。その技法は、旧来の介者剣術が素肌剣術に改められ、深尾が学んだ諸流の技への返し技で構成されている。

鳥取藩藩士上野忠親は『井蛙語海』などを著し、それまでの口伝を文書化(伝書)した。鳥取藩の大部分を占める流儀として栄え、明治以降も鳥取県において松田秀彦太田義人山根幸恵に継承された。

参考文献編集

  • 月刊剣道日本』1976年11月号、スキージャーナル
  • 『月刊剣道日本』1999年8月号、スキージャーナル