雨宮 家次(あめのみや いえつぐ)は、戦国時代武士。甲斐武田氏の家臣。

 
雨宮 家次
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天正3年(1575年)5月21日
別名 通称:十兵衛
霊名 恵閣院殿法観日厳居士
主君 武田信玄武田勝頼
氏族 雨宮氏
雨宮昌茂
テンプレートを表示

略歴編集

雨宮家次(十兵衛)は武田信玄の長男武田義信に附けの家臣。永禄8年(1565年)義信事件にて武田義信が謀反の疑いで切腹したあとは、武田家を追放され後北条家に仕えた。後北条家では功績をたびたび重ね、7度感状を受ける。のち、高坂弾正を介して再び信玄に仕える。1575年(天正3)5月21日高坂昌澄の組として長篠の戦いに参加し、討死。徳川家康の家臣小栗忠政に討たれた。そのとき、家次は刀を小栗に託した。この刀は、のち小栗から家次の子孫に渡ることになる。寛政重修諸家譜第一「小栗忠政」に記載がある。

その他編集

子孫は江戸時代旗本となった。

参考文献編集

関連項目編集