雪は巴(ゆきはともえ)は、江戸時代端唄

概要編集

歌詞の内容は男女が恋するところから始まる。彼氏と彼女が愛し合う。

歌詞編集

雪は巴に  降りしきる 屏風は恋の 仲立ちに 蝶と千鳥の  三つぶとん 元木に帰る  ねぐら鳥 まだ口青いじゃ ないかいな

脚注編集

[脚注の使い方]