電磁放射線

荷電粒子線に磁場をかけて曲げると電磁波が放出される(制動放射)。 粒子線が高速のときは電磁波が前方にまとまった光(放射光)として観測される。

電磁放射線(でんじほうしゃせん、英語: Electromagnetic radiation)とは、放射線のうち電磁波であるものをいい、一般に、赤外線可視光線紫外線エックス線(X線)、ガンマ線(γ線)をさす[1]。エックス線とガンマ線との違いは基本的にはエネルギーではなく、発生の仕方によって分けられる。ガンマ線は原子核内のエネルギー準位の遷移、エックス線は軌道原子の遷移を起源とするものである。波長だけに注目しエックス線よりも波長の短いもの(およそ10pm)をガンマ線とすることもある。

出典編集

  1. ^ 小項目事典, ブリタニカ国際大百科事典. “電磁放射線(でんじほうしゃせん)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月4日閲覧。

関連項目編集