メインメニューを開く

歴史編集

因島村上水軍の拠点ともなり、頂上には元弘年間から慶長元年(1331年 - 1596年)までの約260年間存在した「青陰城(青蔭城)」の本丸跡や屋敷跡などの遺構が残されている。(昭和32年広島県史跡指定)[2]

観光編集

椋浦地区からこの山の東「奥山」を経て青影山を結ぶ登山道(片道5km)が整備されており、3時間程度の行程で瀬戸内の島々を眼下に望む絶景を楽しむことができる[2]

ルート:奥山登山口 - 〔1.2km〕 - 奥山(標高391m) - 〔1.4㎞〕 - 大山峠(標高174m) - 〔1.2㎞〕 - 青影山(標高275m) - 〔1.4㎞〕 - 青影山登山口

脚注編集

関連項目編集