メインメニューを開く

青木 存義(あおき ながよし、1879年8月15日 - 1935年4月19日)は、日本国文学者唱歌作詞家小説家、教育者。童謡どんぐりころころ』の作詞者として知られる。

青木存義
人物情報
別名 青木苫汀
生誕 (1879-08-15) 1879年8月15日
死没 (1935-04-19) 1935年4月19日(55歳没)
学問
テンプレートを表示

経歴編集

宮城県宮城郡松島町幡谷新田出身[1]。宮城県尋常中学校(現在の宮城県仙台第一高等学校)、東京帝国大学文科大学卒業(1906年)[1]。1917年に東京音楽学校教授就任。その後は文部省図書編集部長(1924年)、旧制新潟高等学校校長(1934年)などを歴任[1]。文部省在職中に『どんぐりころころ』などを始め、文部省唱歌を数多く作りあげた。また青木苫汀(せんてい)の名で『我や人妻』などの小説も書いている。

人物編集

180cmの長身で温和な性格だったと伝わる[1]

作品編集

唱歌編集

校歌編集

小説編集

  • 『我や人妻』(広文堂書店、1907年

脚注編集

  1. ^ a b c d 松五小に歴史あり松島町教育委員会
  2. ^ これなあに?神奈川県立平塚農業高等学校

外部リンク編集

公職
先代:
岡上梁
  新潟高等学校長
1934年 - 1935年
次代:
校長事務取扱
藤田猪太郎