メインメニューを開く

青木玲子

青木 玲子(あおき れいこ、1956年4月2日 - )は、日本経済学者。専門は産業組織論、応用ミクロ理論。ニューヨーク州立大学経済学部助教授、オークランド大学経済学部准教授、一橋大学経済研究所教授、九州大学副学長を経て、公正取引委員会委員。

青木 玲子
Reiko AOKI
生誕 (1956-04-02) 1956年4月2日(62歳)
研究機関 一橋大学
九州大学
研究分野 産業組織論、応用ミクロ理論
母校 東京大学学士
筑波大学修士
アメリカ合衆国の旗 スタンフォード大学(M.A.Ph.D.)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

Ph.D.スタンフォード大学)。専門は理論経済学であり、研究領域は知的財産から技術開発、商品差別化、少子化の経済学にまでおよぶ。ドメイン投票方式に関する研究も行っている[1]

目次

経歴編集

学歴編集

  • 1981年 - 東京大学理学部数学科卒業(理学士)
  • 1983年 - 筑波大学大学院経営政策研究科修士課程修了(経済学修士)
  • 1983年 - 筑波大学大学院社会工学研究科博士課程中途退学
  • 1986年 - スタンフォード大学大学院統計学修士課程修了
  • 1987年 - スタンフォード大学大学院経済学部博士課程修了(Ph.D. in Economics)

職歴編集

著書 編集

編著 編集

共著 編集

脚注編集

  1. ^ 青木玲子、Rhema Vaithianathan 「デーメニ投票法は日本の少子化対策になるか? (PDF) 」 - PIE/CIS ディスカッション・ペーパー、2009年。
  2. ^ [1]一橋大学附属図書館
  3. ^ 「一橋大、社会課題の解決へ「円卓会議」 産官学の知を結集」日本経済新聞2018/5/4 22:19
  4. ^ 「学長見解 一橋大学強化プラン(5):日本の社会科学の発展に向けて」2018年3月学長蓼沼宏一

外部リンク編集