メインメニューを開く

青柳 豊(あおやぎ ゆたか、1917年(大正6年) - 1942年(昭和17年)6月23日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中尉

経歴編集

日本陸軍のエース・パイロット青柳惣吉村会議員)の次男として福岡県に生まれる。

少年飛行兵として1935年(昭和10年)11月に所沢陸軍飛行学校を卒業し、明野戦技教育を受け、飛行第11連隊に配属された。

1939年(昭和14年)5月からノモンハン事件に参加。7月25日、不時着した篠原弘道准尉を救出しようと着陸したが、敵戦車の砲撃を受けて機体が炎上、腰に貫通銃創を受けるが、岩瀬孝一曹長に救出された。そしてハルピン陸軍病院に入院したが、停戦前に部隊に復帰。

1940年(昭和15年)末、陸軍航空士官学校に入学し、1941年(昭和16年)7月に卒業、飛行第11戦隊に復帰し、12月から南方戦線で任務に就いた。

1942年(昭和17年)4月、教導飛行第204戦隊に転属。6月23日、戦技訓練中に誤射を受けて殉職した。総撃墜数28機。

親族編集

  • 父 青柳惣吉(村会議員)
  • 兄 青柳進(村会議員)

参考文献編集