メインメニューを開く

青竹踏み

青竹踏み(あおだけふみ)は、竹などを用いて、自分の体重を利用しつつ足裏に自分でマッサージを行う健康法。あるいは、それを行うための器具。

概要編集

一般的な行い方を説明すると、を40〜50cm位に切り、半分に割って乾燥させたものを用意する。

割った側を床に向けて安定するように置き、竹に対して両足が垂直になるように(直交するように)乗ると、ちょうど土踏まずが竹の円筒部に乗る。その場でゆっくり足踏みをすることで足の裏の筋肉に刺激を与えたり、(足の骨のアーチにより)普段圧力がかからず血流が滞りがちな土踏まずあたりに圧をかけることで血流を良くし、その結果として脚全体の血流まで良くすることなどを狙った健康法として日本に根付いている。

かつては器具は上記のごとく竹で自作していたものだった。近年では、竹が身近に無い人のほうが多いこともあり、雑貨店などで販売しており、本物の竹でできたものよりも、むしろ合成樹脂・プラスチック製のものなどが多く出回っており、安価に販売されていることが多い。

関連項目編集