メインメニューを開く

青龍隊(せいりゅうたい)は、会津戦争に際して会津藩が組織した、36歳から49歳までの武家の男性によって構成された国境守備隊である。総督は黒河内式部で、隊員は約900名。他に白虎隊玄武隊朱雀隊幼少隊などがある。名前の由来は、中国の伝説の神獣である「青龍」からである。

青龍隊の構成編集

  • 士中一番隊から三番隊 各100名前後
  • 寄合一番隊から二番隊 各100名前後
  • 足軽一番隊から四番隊 各100名前後

参考文献編集

  • 星亮一『会津戦争全史』講談社、2005年、43-44頁。