メインメニューを開く

静夜思

唐の五言絶句
李白

静夜思(せいやし、中国語: 静夜思)は中國時代の詩人李白五言絶句の題名である。「早發白帝城」(中國語:早發白帝城七言絶句)などと並ぶ有名な作品。 詩の内容は

牀(床)前看月光  
疑是地上霜  
挙頭望山月  
低頭思故郷  

「看月光」の部分を「明月光」、「望山月」を「望明月」としている版もあり、現代中国では明月光、望明月とする版を統一小学校教科書で習うので、この版が一番人氣である。[1] [2]

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ 静夜思(百度百科) (中國語)
  2. ^ 静夜思(互動百科) (中國語)