メインメニューを開く

須田 努(すだ つとむ、1959年昭和34年) - )は、日本の日本史学者、明治大学情報コミュニケーション学部教授博士(文学)。専門は日本近世近代史、民衆運動史民衆思想史。特に悪党の研究で知られる[要出典]

目次

経歴編集

群馬県高崎市に生まれる。1981年明治大学文学部史学地理学科卒業、1991年早稲田大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程満期退学。2002年「「悪党」の一九世紀 民衆運動の変質から見た近代移行期」で早稲田大学博士(文学)。2008年明治大学情報コミュニケーション学部准教授、のち教授。研数学館河合塾日本史科講師だった。アジア民衆史研究会幹事。

著書編集

  • 『「悪党」の一九世紀 民衆運動の変質と“近代移行期”』 (青木書店、2002年)
  • 『センター試験日本史Bが面白いほどとける本』中経出版 2003
  • 『センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる本』(中経出版、2005年)
  • 『イコンの崩壊まで 「戦後歴史学」と運動史研究』青木書店 2008
  • 『大学入試にでる完全無欠の日本史B「近代・現代」』中経出版 2008
  • 『大学入試にでる完全無欠の日本史B「原始・古代・中世・近世」』中経出版 2008
  • 『幕末の世直し 万人の戦争状態』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2010年)
  • 三遊亭円朝と江戸落語』(人をあるく)吉川弘文館、2015
  • 吉田松陰の時代』岩波書店・岩波現代全書、2017
  • 『三遊亭円朝と民衆世界』有志舎、2017

共編著編集

  • 趙景達中嶋久人と共著)『暴力の地平を超えて 歴史学からの挑戦』(青木書店、2004年)
  • 『逸脱する百姓 菅野八郎からみる一九世紀の社会』編 東京堂出版 2010
  • 『比較史的にみた近世日本 「東アジア化」をめぐって』趙景達共編 東京堂出版 2011
  • 『近世人の事典』深谷克己共編 東京堂出版 2013  
  • 『地域の記録と記憶を問い直す 武州山の根地域の一九世紀』白井哲哉共編 八木書店古書出版部 2016

関連項目編集

外部リンク編集