メインメニューを開く

須藤 秀忠(すどう ひでただ、1947年2月10日 - )は、日本政治家静岡県富士宮市長(2期)。元静岡県議会議員(3期)。元富士宮市議会議員(5期)。

須藤 秀忠
すどう ひでただ
生年月日 (1947-02-10) 1947年2月10日(72歳)
出生地 静岡県富士宮市
出身校 静岡大学法経短期大学部
前職 静岡県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 公式サイト

当選回数 2回
在任期間 2011年4月27日 - 現職

選挙区 富士宮市・富士郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2011年4月

Flag of Fujinomiya, Shizuoka.svg 富士宮市議会議員
当選回数 5回
在任期間 1979年12月 -
テンプレートを表示

目次

来歴編集

静岡県富士宮市宝町出身。富士宮市立貴船小学校、富士宮市立富士宮第三中学校を卒業。沼津市の東芝機械に就職。夜間、静岡県立沼津工業高等学校に通い、同校機械科を卒業。帰郷し、家業の古物商に従事。夜間、静岡大学法経短期大学に通い、同大学を卒業[1]

1979年(昭和54年)12月、富士宮市議会議員に就任[2]。計5回当選。

1992年(平成4年)7月から1994年3月まで市議会の第38代議長を務める[3]

1999年(平成11年)4月、静岡県議会議員に就任。計3回当選。

2011年(平成23年)4月24日に行われた富士宮市長選挙に無所属で出馬、2候補を相手に初当選。元市議の深沢竜介は民主党の推薦、連合と小室直義前市長の支援を得るも僅差で敗れる(須藤:32,396票、深沢:29,971票、長谷川:945票)[4]

2015年(平成27年)4月の市長選で再選。

政策・主張編集

  • 老朽化した学校給食センターの建て替えを公約に掲げている[5]。同センターは2016年(平成28年)9月竣工予定[6]
  • 2015年5月8日、御前崎市浜岡原子力発電所の再稼働に反対すると表明した。須藤は記者の質問に対し「福島は今でも故郷に帰れない人がたくさんいる。故郷を奪う原発は反対だ」と述べている[7]

脚注編集

外部リンク編集

先代:
小室直義
  静岡県富士宮市長
第20代・21代:2011年 -
次代:
(現職)