メインメニューを開く

頭髪検査(とうはつけんさ)とは、校則で髪型について決めている学校で行われる頭髪検査[1]

目次

日本における校則と頭髪検査編集

日本では特に1980年年代になって校内暴力やいじめの急増があったが、前後してそれらとは関係なく、中学校や高等学校などで髪型などの画一的な規制が行われるようになった[1]。制服や髪形などの画一的な規制に対しては、規制の効果と必要性という規制の効用(効用論)についての議論とその規制の実施を学校の裁量としてどの程度認めるかという裁量(裁量論)に関して議論がある[1]

検査方法編集

生徒の頭髪及び身体に触れる可能性があるということから基本的に男子の検査は男性の教員によって行われ、女子の検査は女性の教員によって行われる。登校時に教諭が立ち番を行い、頭髪に問題のある生徒をいったん帰宅させ、直させる、という指導を行う学校もある[2]

髪色の検査においては、比較して色合いを確認できる色見本が検査用に市販されており[3]、特定の色見本より髪が黒いことを検査時の基準として示す学校もある[4]

処分編集

校則に適合する状態になるよう、校内で強制措置が行われる場合もある。1989年には愛知県の高校で、頭髪検査後、猶予期間を設けずにその場で教諭が生徒の髪を切った事例が問題となり[5]、法務局が介入し同校での頭髪検査はしばらく見合わせられた[6]。2005年には長崎県で、生徒の髪を切った教諭を親が呼び出し、暴行を加えた例がある[7]

2008年には、奈良県の中学校で生徒が脱色した頭髪を生徒自身の同意のもとに教諭が校内で黒に染め直した措置が体罰にあたるとして、損害賠償を求める訴訟が大阪地裁で起こされたが、地裁・高裁とも学校の措置を妥当とし、最高裁は上告を棄却した[8][9]。2012年には髪の長さが長すぎるとして、校内で生徒自らにはさみで髪を切らせた例が報じられた[10]

頭髪をめぐる校則に関しては、2017年に大阪の府立高校の生徒が生まれつき髪が茶色なのに黒く染めるよう強要され不登校になったとして、府に対して慰謝料など計約220万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしている[11]

韓国における校則と頭髪検査編集

韓国では染髪、パーマ、髪の長さなどを指定している学校がある[12]

2018年9月末、ソウル市のチョ・ヒヨン教育監が髪型は「生徒個人の自由」としてソウル市内の学校での髪型自由化を宣言した[12]。チョ・ヒヨン教育監の髪型自由化宣言に対し9月30日に全国の父兄団体連合は反対する声明を発表した[12]

その他の検査編集

ここまでに挙げた検査とは趣旨が異なるが、頭髪にシラミがいないかを確認する検査が行われることがある。

シラミ検出を目的とした検査は、実施時期も他の検査とは異なる。日本ではプール授業の始まる直前の時期にあたる6月に実施されることが多く、感染報告のピークも6月となっている[13]。このほか、地域でシラミ流行が確認された際に臨時に実施されたり、健康診断と同時に行われたりする場合もある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 中学・高校生の校則・検査・体罰に関する態度の研究”. 東北教育心理学研究. 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ 3ゼロ運動の生徒指導
  3. ^ 社会人の頭髪検査!? 茶髪「色見本」導入続々 就職活動・明るすぎは「アウト」 企業や役所・「ふさわしさ」数値化
  4. ^ 追高通信』12月号、北海道追分高等学校教務部、2016年11月28日。
  5. ^ 『朝日新聞』1989年11月18日付夕刊13面。
  6. ^ 『朝日新聞』1989年12月1日付朝刊23面。
  7. ^ 『朝日新聞』2005年4月21日付朝刊27面(長崎)。
  8. ^ 「公立中学校の教員らが女子生徒の頭髪を黒色に染色した行為が体罰にあたるとして訴えられたケース」『季刊教育法』第177号、エイデル研究所、2013年、6-7ページ。
  9. ^ 瀬戸則夫「市立中染髪指導国賠訴訟事件判例解説」『季刊教育法』第177号、エイデル研究所、2013年、44-48ページ。
  10. ^ 『長崎新聞』2012年8月8日付27面。
  11. ^ 地毛茶色なのに「黒髪強要」で不登校…修学旅行も「参加認めない」大阪府立高の女子生徒が提訴”. 産経WEST. 2018年12月27日閲覧。
  12. ^ a b c ソウル市が学生の髪型自由化を宣言で大激論。学生の髪色・髪型への同調圧力は日韓共通!?”. ハーバービジネスオンライン(扶桑社). 2018年12月27日閲覧。
  13. ^ 『朝日新聞』2001年(平成13年)6月27日付東京本社朝刊25面。