願証尼(がんしょうに、天暦7年(953年) - 長元7年8月25日1034年10月10日))は、平安時代中期の天台宗の尼僧。父は卜部正親。母は清原氏源信願西尼の妹。安養尼とも称される。また、姉の願西尼と同一人物とする説もある。

幼少から仏道に志し、出家後は大和国吉野山に住んで日夜念仏に専念し、毎月8日に地蔵講を行ったという。また、西に向かって端座したまま入滅したという。

関連項目編集