風祭 古明(かざまつり ひさあきら、寛延元年(1748年) - 没年不詳)は江戸時代後期の旗本。通称は半之助、求馬(もとめ)。父は旗本・風祭国辰(くにとき)。家禄は70俵。

明和6年(1769年)勘定となり、天明4年(1784年)実父から家督を継承する。同8年(1788年)から信州中野代官となり、信濃越後の天領5万4000石余りを支配する。寛政4年(1792年)甲府代官に転じ甲府御蔵掛を兼帯し8万石弱を支配する。同6年(1794年)鉄砲玉薬奉行となった。

出典編集