メインメニューを開く

飯村 稷山(いいむら しょくざん、慶応4年3月14日(西暦1868年4月6日) - 昭和17年(1942年6月17日)は、日本の漢詩人秋田県仙北郡六郷村(のち六郷町)出身。隣村畑屋村生まれの高橋午山千屋村坂本東嶽(理一郎)とともに「仙北の三山」と称された[1][2]

飯村 稷山
(いいむら しょくざん)
生誕 慶応4年3月14日(西暦1868年4月6日
日本の旗 日本
久保田藩仙北郡六郷村中野(秋田県美郷町
死没 昭和17年(1942年6月17日
日本の旗 日本
東京都世田谷区赤堤町
研究分野 漢詩
影響を
受けた人物
熊谷松陰岡三慶中原南天棒
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

略歴・人物編集

羽後国仙北郡六郷村飯村永助の次男として生まれた[2]。幼名は堅治、のちにと改名した[2]

六郷の熊谷松陰および岡三慶に師事し、漢籍を学んだ[2]田尻稲次郎らによって創立された東京専修学校(現在の専修大学)を卒業後、新聞社に入社し日清戦争に従軍した[2]。上京して以来、臨済宗の傑僧中原南天棒に参禅し、玉川遠州流の茶道も学んだ[2][注釈 1]。「稷山」は師より賜った居士号である[2]。禅の同門に山岡鉄舟児玉源太郎乃木希典がおり、生涯を通じ交誼をむすんだ[2]

明治35年(1902年)、帰郷して仙北郡大曲町の町立図書館に勤め、秋田県立大曲農学校で教職に就いた[2]。この間、郷土史の研究を進めた。大正13年(1924年)、六郷町で「達磨会」を結成し後進の指導にあたった[2]。やがて全国行脚も企図するようになったが、脳溢血で倒れたため断念した[2]

六郷町付近の石碑の撰・書は稷山によるものが少なくなく、佐竹義重を顕彰する目的で六郷城跡に建てられた「通庵佐竹公館趾碑」も稷山によるものである。

昭和17年(1942年6月17日東京都世田谷区で死去した[2]

主著編集

  • 『佐藤信淵』
  • 『仙北郡史』

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 秋田県大仙市大曲の大川寺境内には、玉川遠州流にかかわる3石碑があり、うちひとつ(冨樫森月宗匠碑(十周年忌記念碑)、1935年(昭和10年)10月3日建立)の撰と書が稷山によるものである。

出典編集

参考文献編集

  • 井上隆明(監修)『秋田人名大事典(第二版)』秋田魁新報社(編)、秋田魁新報社、2000年7月。ISBN 4-87020-206-9
  • 渡邉喜一「郷土史開拓の恩人 深澤多市先生を憶う」『郷土史の先覚 深澤多市』青柳信勝・小田島道雄(編集)、紫水先生顕彰会、2006年12月。

関連項目編集