首斬り朝』(くびきりあさ)は、原作:小池一夫、作画:小島剛夕による日本漫画1972年から1976年まで『週刊現代』(講談社)にて連載された時代劇漫画である。

漫画:首斬り朝
原作・原案など 小池一夫
作画 小島剛夕
出版社 講談社
掲載誌 週刊現代
発表期間 1972年 - 1976年
テンプレート - ノート

概要編集

江戸時代の死刑執行人(首斬り人)・公儀お様(ため)し役山田朝右衛門(「首斬り朝」)を主人公にした劇画。朝右衛門が処刑するのは武士ではなく、市井の町人たちであり、描かれるドラマは、主人公である朝右衛門がメインではなく、首を斬られる側の犯罪者が、いかにしてそのような犯罪を犯すに到ったかという点に置かれている。

現在でも日本国外での人気は特に高く、アメリカのダークホースコミックス社 (Dark Horse Comics) により『Samurai Executioner』として英語版が出版され、日本を代表する漫画として高い評価を受けている。

また、本作の登場人物である坂根傘次郎が主役となったスピンオフ作品『畳捕り傘次郎』がある(連載時には「首斬り朝 第二部」のタイトルが附されていた)。

1972年にはATGによる映画化の企画も持ち上がり、監督には実相寺昭雄が決定していたが、諸般の都合により中止となった。この映画の台本はすでに原作者の小池一夫自身の手によって書き上げられており、「シナリオ」誌1972年12月号にも掲載されている。

2010年、劇団扉座によって「新浄瑠璃 朝右衛門」のタイトルで舞台化された。作・演出は横内謙介。11月に神奈川、12月に東京で公演している。

登場人物編集

山田 朝右衛門
公儀お様し役。幼少時より厳しく心身を鍛えられており、いかなる時も愛刀「鬼包丁」の切っ先が揺るぐことはない。
実戦、据え物斬り、ともに当代一の腕前で、また実力のみならず教養も深い傑物。
坂根 傘次郎
北町奉行定廻り同心。鈎縄を使っての捕縄術「畳捕り」に長ける。
気風が良く、娼婦などにも別け隔てなく接するため、人々から慕われている。
坂根 新子
傘次郎の妻。背中の彫り物から「河童の新子」の異名を取る女傑で、泳ぎの名手。
元は盗賊であったが、朝右衛門の養女として傘次郎に嫁入りし、夫婦十手として活躍する。
内藤 与七
傘次郎の同僚の同心。前歯がない為、通称「歯欠けの与七」。罪人を自白させる「落とし」の名人。
強面たらんと「歯も欠けてるが情けも欠けてる」と自称するが、実は情に篤い涙もろい性格で、それゆえ人の心を開く術に長けている。
中山 勘解由
火付け盗賊改役。通称「鬼勘解由」。江戸の治安を守るため、自ら犯罪者の脅威となる「鬼」になる事を決心する。
朝右衛門に代わって自ら首斬り役を務め、恐怖の象徴たらんとする。しかし苛烈な取締で恨みを買って偽物が横行し、その責任を取って自刃。