馬場 靖憲(ばば やすのり、1952年- )は、イノベーションに関する文理融合研究を専門とする社会科学者。麗澤大学経済学部特任教授[1]東京大学名誉教授[2]

経歴編集

神奈川県立光陵高等学校を経て、1977年東京大学経済学部経済学科卒業、日本興業銀行を経て1986年英国サセックス大学博士課程修了(Ph.D.)。サセックス大学科学技術政策研究所(SPRU)、科学技術庁科学技術政策研究所(NISTEP)等を経て、1997年東京大学人工物工学研究センター教授。2004年同大学先端科学技術研究センター教授。2007年同大学院工学系研究科先端学際工学専攻教授。2018年4月麗澤大学経済学部特任教授、6月東京大学名誉教授。

研究編集

システム論としての設計学と社会科学(経済学/経営学/科学社会学)の観点から、製造業と知識産業を対象として日本のイノベーション・システムの構造と機能を分析し、人工物工学の視点から、産業の脱物質化を目指す「デジタル価値創造」、産業社会の持続可能性を目指す「逆工場」等の概念を提案した。さらに、産学連携における「パスツール型科学者」の機能を明らかにし、企業化する科学界における規範のシフト現象を分析している。

受賞歴編集

  • 2013年:平成25年度文部科学大臣表彰科学技術賞(科学技術振興部門)[3]

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]