メインメニューを開く

神奈川県立光陵高等学校

神奈川県立光陵高等学校(かながわけんりつ こうりょうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区権太坂1-7-1にある県立高等学校

神奈川県立光陵高等学校
Koryo highschool.jpg
過去の名称 神奈川県立横浜立野高等学校山手分校
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1966年1月
創立記念日 4月20日
共学・別学 共学
中高一貫教育 連携型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 14111K
所在地 240-0026
神奈川県横浜市保土ケ谷区権太坂一丁目7番1号

北緯35度26分37.4秒 東経139度34分28.4秒 / 北緯35.443722度 東経139.574556度 / 35.443722; 139.574556座標: 北緯35度26分37.4秒 東経139度34分28.4秒 / 北緯35.443722度 東経139.574556度 / 35.443722; 139.574556
外部リンク ■ 神奈川県立光陵高等学校 ■
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

横浜国立大学教育学部に、将来、附属高等学校を設置するという意図の下に、1966年昭和41年)、横浜市中区立野にあった横浜国立大学教育学部(当時)附属横浜中学校の隣接地に、神奈川県立横浜立野高等学校山手分校が設置された。しかし、国立高校への移管は茗渓会からの反対などで行われず、神奈川県立光陵高等学校として独立(1968年)し、現在に至っている。そうした経緯から、開校後数年間は、横浜国立大学附属中学からの進学者が大半を占め、学区の扱いも柔軟なものであった。

1971年(昭和46年)、現在地(東海道の名所権太坂)に移転。

2007年平成19年)、県教育委員会から「学力向上進学重点校」10校のうちの1校に選ばれた。ほとんどの生徒が進学希望である。

2009年(平成21年)4月からは、横浜国立大学教育学部附属横浜中学校と連携し、中高一貫教育が実施されている。同校創立時の目標が、40年を経て形を変えて達成されることになった。

教育課程編集

2学期制で、2008年度(平成20年度)より90分授業を採用する。2018年度(平成30年度)から65分授業に移行した。

校名の由来編集

山手分校時代の学生・職員達によって命名された。県立高校で地名に由来しない校名が付けられたのは1960年代当時は非常に珍しかった[1]。権太坂に因んだ「権太坂高等学校」という校名も候補の一つであったが、女子生徒陣の猛反対に遭い実現しなかった[1]

部活動編集

運動部
  • サッカー
  • 硬式野球
  • ハンドボール(男子、女子)
  • 陸上競技
  • 剣道
  • バレーボール(男子、女子)
  • バスケットボール(男子、女子)
  • バドミントン(男子、女子)
  • ダンス - 『春の日本高校ダンス部選手権』で2018年優秀賞
  • 卓球
  • 体操
  • テニス(男子、女子)
  • ソフトテニス
  • 水泳
  • ワンゲル
文化部
  • 吹奏楽
  • 演劇
  • 合唱
  • 茶道
  • 科学
  • 美術
  • 文芸
  • 囲碁
  • 写真
  • L.M.C.
  • 弦楽
  • 英語
  • クッキング
同好会
  • クイズ
  • 将棋
  • 書道

沿革編集

  • 1966年 - 神奈川県立横浜立野高等学校山手分校として設立
  • 1968年 - 神奈川県立光陵高等学校として独立
  • 1971年 - 現在地に移転
  • 2007年 - 県教育委員会から「学力向上進学重点校」に指定
  • 同年12月 - 中高大の一貫教育計画を発表

学区編集

  • 1966 - 1970年 - 横浜南部学区 および横浜北部、横浜中部、横須賀三浦、鎌倉湘南学区
  • 1971 - 1973年 - 横浜中部学区 および横浜北部、横浜南部、横須賀三浦、鎌倉湘南学区
  • 1974年 - 横浜中部学区 および横浜北部、鎌倉湘南学区からそれぞれ上限45名
  • 1975 - 1980年 - 横浜中部学区
  • 1981 - 2004年 - 横浜中部学区(新)[1]

交通編集

 
 

著名な出身者編集

学者編集

スポーツ・文化・芸能編集

財界編集

政界編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『創立20周年記念誌』より

関連項目編集

外部リンク編集