馬路村 (京都府)

日本の京都府南桑田郡にあった村

馬路村(うまじむら)は、かつて京都府南桑田郡にあった。現在の亀岡市馬路町にあたる。

うまじむら
馬路村
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 新設合併
亀岡町東別院村西別院村曽我部村吉川村薭田野村本梅村畑野村宮前村大井村千代川村馬路村旭村千歳村河原林村保津村亀岡市
現在の自治体 亀岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
南桑田郡
総人口 1,770
国勢調査1950年
隣接自治体 京都市
南桑田郡千代川村、旭村、千歳村、河原林村
船井郡八木町
馬路村役場
所在地 京都府南桑田郡馬路村
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

  • 山岳 : 呉弥山
  • 河川 : 桂川

歴史編集

両苗編集

人見、中川の両苗郷士(身分的には百姓だが苗字帯刀の特権をもつ地侍)が中世以来馬路郷を支配してきたとされる[1]。西園寺に帯同した中川謙二郎立命館大学創設者の中川小十郎はその出身。

名所編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集