メインメニューを開く

高城仙次郎(たかぎ せんじろう、1881年-1934年11月30日)は、日本の経済学者。

目次

略歴編集

兵庫県(現神戸市)出身。旧姓は武田。アメリカに渡り、イェール大学、同大学院でアーヴィング・フィッシャーに師事し、博士号を取得。帰国後同志社教授をへて、1911年慶応義塾教授となった[1]。1934年「利子歩合論」で慶應義塾大学経済学博士

著書編集

  • 『利子歩合論』有斐閣 1919
  • 『独逸の償金支払能力』秀広社 1923
  • 『独逸戦後の財政と金融』清水書店 1924
  • 『物価問題』丸善 1926
  • 『利子歩合の重要問題』文雅堂 銀行講座 1926
  • 『金利論大要』銀行叢書 東京銀行集会所 1928
  • 『金利概論』巌松堂書店 1929
  • 『物価問題研究 増補』春秋社 春秋文庫 1929

翻訳編集

  • フィシヤー『貨幣ト物価』有斐閣書房 1913
  • アーヴィング・フイッシヤー『貨幣の購買力』金原賢之助共訳 改造社 1936

論文編集

脚注編集