高山 正隆(たかやま まさたか、1895年 - 1981年)は、日本の戦前を代表する写真家のひとり。

科学者高山甚太郎の子として東京府東京市牛込区で生まれる。アルスの雑誌『芸術写真研究』の「月例懸賞」に写真作品を応募し、中島謙吉に見出される。

ピクトリアリスム作品に長け、この分野において初期の指折り数えられるような写真家に含まれる。野島康三らの世代の次の世代の芸術写真を代表する写真家。特に単玉のついたヴェスト・ポケット・コダック(いわゆるベス単)を好んで用いたため「ベス単派」と呼ばれる。ソフトフォーカス、デフォルマシオンなどを特徴としたピクトリアリスム作品からは、叙情性が強く発露されている。

代表作編集

  • 楽器を持つ女(1924年、ゼラチン・シルバー・プリント、東京都写真美術館寄託)
    • バイオリンを左手で抱く女性の上半身(体は正面向き加減で、顔は右下を向いて左半分を見せており、目は閉じられている)をソフトフォーカスでとらえた作品(写真美術館のページより)。なお、頭の上部は断ち切られており、右手は見えていない。

主要文献編集

  • 高山正隆と大正ピクトリアリズム (日本の写真家5:岩波書店、1998年)
  • 芸術写真の精華展・展覧会カタログ(東京都写真美術館、2011年)

高山が含まれているグループ展編集

  • 日本の写真1930年代展(神奈川県立近代美術館、1988年)
  • 米子写友会回顧展(米子市美術館、1990年)
  • 日本のピクトリアリズム 風景へのまなざし(東京都写真美術館、1992年)
  • 日本近代写真の成立と展開(東京都写真美術館、1995年)
  • 日本の写真・第1部(東京都写真美術館、1996年)
  • 光のノスタルヂア 小関庄太郎と日本の芸術写真(福島県立美術館、2001年)
  • 芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展(東京都写真美術館2011年写真美術館のサイトにおける紹介

関連項目編集