高山郡 (全羅北道)

高山郡(ゴサンぐん、こうざんぐん、朝鮮語: 고산군)は、全羅北道にあった郡である。現在の完州郡高山面飛鳳面東上面華山面庚川面雲洲面に相当する地域である。1914年、全州郡に統合され廃止され、旧・高山郡地域は現在完州郡の一部として残っている。

1914年以降編集

1914年の行政区域[1]と現在の行政区域と比較
府令第111号
旧行政区域 新行政区域
高山郡郡内面 全州郡高山面 율곡리、서봉리、어우리、읍내리
高山郡南面 남봉리、양야리、화정리
高山郡東上面 全州郡東上面 대아리、사봉리、수만리、신월리
高山郡東下面 全州郡三奇面 성재리、소향리、오산리
高山郡北下面 삼기리、와룡리、종리
全州郡飛鳳面 대치리
高山郡北上面 이전리、백도리、수선리
高山郡西面 내월리、봉산리、소농리
高山郡雲西上面 全州郡華山面 우월리、운산리、화월리
高山郡雲西下面 운곡리、운제리、춘산리、화평리
高山郡雲東上面 全州郡雲仙面 구제리、산북리、완창리、장선리、성북리、승치리
高山郡雲東下面 全州郡雲東下面 고당리、금당리、가천리、경천리、용복리
高山郡雲北面 論山郡陽村面 도평리、임화리
  • 高山面は、郡内面と南面が合併して既存の郡名を借用して作られた。
  • 三奇面は、北上面と北下面が合併して三奇亭の名前を取って建てられた。
  • 華山面は、雲西上面と雲西下面が合併して華蓋山の名前を取って建てられた。
  • 飛鳳面は、北上面と西面が合併して飛鳳山の名前を取って建てられた。
  • 雲洲面庚川面は、それぞれの雲東上面と雲東下面の区域に1914年に雲東上面が雲仙面に改称、1935年に雲西上面を分割、雲東上面を編入して雲洲面となった。1989年4月1日には庚川出張所を庚川面として分立した。雲東上・雲東下・雲西上・雲西下・雲北の5面は、旧・雲梯県地域である。

脚注編集

  1. ^ (신구대조)조선 전도부군면리동 명칭 일람(1917年