金剛寺 (日野市)

東京都日野市高幡にある真言宗智山派別格本山の寺院
高幡不動尊から転送)

金剛寺(こんごうじ)は、東京都日野市高幡[注釈 1]にある真言宗智山派別格本山の寺院。高幡不動尊の通称で知られる。本尊は大日如来高幡山明王院金剛寺と号する。

金剛寺
Kongoji1.jpg金剛寺 仁王門
(2009年5月26日撮影)
所在地 東京都日野市高幡733
位置 北緯35度39分43.5秒
東経139度24分38秒
座標: 北緯35度39分43.5秒 東経139度24分38秒
山号 高幡山[1]
院号 明王院
宗旨 新義真言宗[2]
宗派 真言宗智山派
寺格 別格本山
本尊 大日如来
創建年 (伝)平安時代初期
開山 (伝)円仁(慈覚)[1]
開基 清和天皇(勅願)
中興 義海[1]
正式名 高幡山明王院金剛寺
別称 高幡のお不動さん、高幡不動尊高幡不動尊金剛寺高幡不動
札所等 関東三大不動尊
関東三十六不動尊霊場9番
武相不動尊28番
東国花の寺百ヶ寺 東京7番
文化財 不動明王二童子像、不動堂、仁王門ほか(重要文化財)
五部権現神牌(重要美術品)
公式HP 高幡不動尊金剛寺
法人番号 1013405000199 ウィキデータを編集
金剛寺 (日野市)の位置(多摩地域内)
金剛寺 (日野市)
テンプレートを表示

沿革編集

草創は古文書によれば大宝年間(701 – 704)以前[2]とも、奈良時代行基菩薩の開基とも伝えられるが、寺伝によれば平安時代初期に円仁(慈覚大師)が清和天皇の勅願により東関鎮護の霊場を高幡山山上[3]に開いたのが始まりとされる。江戸時代、真言宗関東十一檀林の談義所として、多くの学僧を輩出している。

以来、「高幡のお不動さん」と呼ばれ人々の信仰を集めており、毎月28日の縁日には多くの参詣者で賑わう。成田山新勝寺などとともに、関東三大不動の一とされる。なお、関東三大不動の他の1つは不動ヶ岡不動總願寺)、大山不動大山寺)あるいは高山不動常楽院)とされている。

新選組副長として活躍した土方歳三の菩提寺である縁から境内には土方歳三の銅像や殉節両雄の碑がある。 歳三の墓のある愛宕山石田寺(あたごさんせきでんじ)は末寺のひとつである。

都内有数のアジサイの名所としても知られ、6月上旬には境内奥の山には山アジサイが咲く。その他のあじさいは6月終わり頃までが見ごろである。

1982年10月1日に新東京百景(しんとうきょうひゃっけい)の69番(順位ではなく番号)に選ばれている。

2019年2月3日の節分の際に、車両突入テロに備えて警察が出動した。[1]

現在COVID-19の影響で一部施設内には入れない。

歴代貫主編集

  • 1.中興儀海上人
  • 2.恵海
  • 3.禅海
  • 4.良宗
  • 5.等海
  • 6.珍海
  • 7.尊海
  • 8.増寶
  • 9.増伝
  • 10.亮海
  • 11.--
  • 12.--
  • 13.--
  • 14.--
  • 15.--
  • 16.--
  • 17.--
  • 18.祐盛
  • 19.憲英
  • 20.徹雅
  • 21.覚雅
  • 22.本浄
  • 23.--
  • 24.--
  • 25.英雅
  • 26.義光
  • 27.盛雅
  • 28.辨雅
  • 29.賢雅
  • 30.朝倉玉雅
  • 31.丸山覚雅
  • 32.秋山祐雅
  • 33.川澄祐勝
  • 34.杉田純一

ギャラリー編集

文化財編集

重要文化財編集

  • 木造不動明王及び二童子像
不動堂の本尊。不動明王坐像の向かって右に矜羯羅童子(こんがらどうじ)像、左に制吒迦童子(せいたかどうじ)像が立つ。不動明王像の像高は約2.8メートル。建武2年(1335年)、不動堂が大風で倒壊した[4]際に大破し、康永元年(1342年)に修理されているが、各像とも根幹部分は平安時代後期の作である。現在、これらの像は奥殿に安置され、不動堂には、極彩色の等身大の身代わり本尊が新造・安置されている。
  • 不動堂(附:勧進状) - 室町時代前期(1342年)の建立。桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、向拝一間、茅葺形銅板葺。昭和21年(1946年)11月29日指定。
  • 仁王門 - 室町時代後期(1467年-1572年)の建立。三間一戸楼門、入母屋造、茅葺形銅板葺。昭和21年(1946年)11月29日指定。1959年に解体修理が行われ、楼門として復原。
  • 鰐口 文永十年銘 - 鎌倉時代(1273年)の作品。面径57㎝、肩厚13㎝。昭和34年(1959年)06月27日指定。
  • 高幡不動本尊像内文書 69通(附:文書断片51葉) - 南北朝時代の作品。この文書は暦応二年(一三三九)の常陸合戦に従軍して戦死した山内経之の菩提を弔うため、高幡不動の本尊不動明王の像内に収められて伝来したものである。これらは昭和初年に本尊の首の辺から束ねた形で取り出されたと伝え、昭和六十年から六十二年度に東京都と日野市教育委員会が行った調査報告によって広く世に紹介され、平成四年度の『日野市史史料集』編纂の過程で、断簡を含む六九通の文書と五一紙の断片類に分類整理がなされた。六九通のうち五〇通が筆跡等から山内経之自筆書状と認められ、この経之は文書からみて、山内首藤の支族として日野本郷の地に所領をもち、高幡殿(高麗助綱)、新井殿、青柳三郎といった近隣の在地領主層と密接な関係をもつ武士であったことがわかる。これら経之書状は平易な仮名文で、戦場からの書状には料紙の制約もあってか竪折紙を用いるなどの特徴がみえ、その内容も彼の日常生活に関するものをはじめ、常陸合戦の陣中や戦場から留守宅の妻子や高幡不動の僧侶などに充てたものがほとんどで、当時の東国武士の実態を赤裸々に伝えて価値が高い。ところで、これら納入文書の紙背には十四世紀頃とみられる不動明王ないし大黒天の印仏が捺されている。印仏の目的については諸説あるが、本文書群が山内経之の妻子やその関係者の手元にあった経之書状をことさら蒐め、これらを料紙として印仏を行っていることよりみれば、この印仏群が山内経之の親族関係者による経之供養のための作善遺品であることは明らかである。また本文書が納入されていた本尊は、像内納入墨書銘札等によって、建武二年の大風によって倒壊した本堂のため大破し、康永元年(一三四二)六月廿八日にその修復がなされたことが判明するから、おそらく本文書は経之の三回忌供養に際して故人との親交厚かった不動堂住僧との関係などを通じて、修復なった本尊の像内に納められたものであろう。平成6年(1994年)06月28日指定。
  • 弘法大師二十五箇条遺告(ゆいごう)(2007年度指定) - 平安時代の作品。縦23.4㎝、横15.5㎝。紙本墨書、粘葉装。告は、承和二年(八三五)弘法大師空海が入定の六日前に弟子たちに与えた遺言に仮託して作られたもので、二十五箇条からなり、寺院の管理や運営について詳細な指示を記している。十一世紀初めの書写になる最古写本で、万寿二年(一〇二五)の師資相承における口伝の実態を示す訓点や角筆が認められ、宗教史上のみならず国語学史上極めて重要である。平成19年(2007年)06月08日指定。

重要美術品編集

  • 五部権現神牌

その他編集

  • 理趣経曼荼羅
  • 八箇大事
  • 神護寺経
  • 大日如来坐像 - 平安時代中期作・大日堂旧本尊。現在、奥殿に安置。
  • 上杉堂 - 上杉憲秋墓所

交通編集

  • 高幡山金剛寺(高幡不動尊)東京都日野市高幡733
京王線 高幡不動駅下車徒歩2分
多摩都市モノレール 高幡不動駅下車徒歩5分

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集