メインメニューを開く

高木 貞俊(たかぎ さだとし)は、戦国時代の武将。美濃衆北高木家初代。

 
高木貞俊
時代 戦国時代
生誕 永禄6年(1563年
死没 正保2年5月16日1645年6月10日
別名 彦太郎、次郎兵衛、四郎左衛門、好春
主君 織田信長信雄徳川家康秀忠家光
父母 高木貞家高木貞久
縄生意息の妹
貞元
テンプレートを表示

生涯編集

貞家永禄11年(1568年)に戦死したため、祖父貞久の養子となる。天正6年(1578年織田信忠に従って播磨神吉城攻めに従軍する。天正12年(1584年小牧・長久手の戦いでは一族と共に織田信雄に従い、蟹江城合戦に関わり、その戦功により美濃安田城主となった。天正18年(1590年小田原征伐では土方雄久隊に属して活躍したが、同年に信雄が改易となったため、一族とともに加藤光泰を頼って甲斐で閉居した。

慶長2年(1597年徳川家康に仕官し、上総望陀郡武蔵荏原郡相模鎌倉郡に所領を与えられた。慶長5年(1600年関ヶ原の戦いでは東軍先鋒の案内役となり、その功により加増転封されて美濃石津郡に1000石を領した。慶長19年(1614年大坂冬の陣に従軍。その後は一族と共に駿府城二条城普請の奉行、徳川秀忠上洛時の舟割奉行を歴任した。

出典編集