メインメニューを開く

高木 貞久(たかぎ さだひさ)は、戦国時代の武将。美濃衆高木家の祖に当たる。

 
高木貞久
時代 戦国時代
死没 天正11年(1583年
別名 丞介、彦左衛門
戒名 無楽
父母 樋口氏
高木貞次の娘
貞家貞利貞秀、貞西、貞友、田中喜兵衛室、今尾氏室
テンプレートを表示

生涯編集

美濃駒野城高木貞次の婿養子として家督を継ぐ。斎藤道三の家臣であり、西美濃三人衆安藤守就に属した。後年、織田信長に従い、今尾城主に転出する。天正10年(1582年本能寺の変後は織田信孝に仕えたが、翌年信孝も没すると駒野に隠居し、同年に死去した。長男貞家は父に先立って死去したがその遺児貞俊が北高木家、次男貞利が西高木家、五男貞友が東高木家と称して美濃衆を形成した。

出典編集