高木 進(たかぎ すすむ、1931年〈昭和6年〉4月20日 - 1987年〈昭和63年〉8月23日)は、日本のフランス文学者学習院大学教務部長、のち文学部仏文科教授皇太子徳仁親王フランス語を教えた。没後、妻の高木みどりが1993年東宮女官長に選任された。

高木 進
生誕1931年4月20日
日本の旗 日本東京都
死没 (1987-08-23) 1987年8月23日(56歳没)
出身校東京大学
職業フランス文学者教授
配偶者山村みどり(父親:山村喬法政大学教授)

翻訳編集

参考編集