東宮(とうぐう・みこのみや)、あるいは春宮 (しゅんぐう・はるのみや)とは、皇太子の居所、つまり住居する場所を意味し、転じて、皇太子そのものを意味する言葉にもなった。

概要編集

太宗李世民が皇太子時代に尚書令として、皇帝の居住する大明宮の東で執務したことに由来する。東も春にも五行思想での「若い」という意味があり、春は万物の生長する季節で、またで東を「震」といい、「震」は長男とされていた。職司として、皇太子の輔導を管掌とする東宮傅および東宮学士があり、東宮職に屬していた。また皇太子の宮の内政を取り扱う役所を春宮坊といい、その付属機関として、三監(さんげん)・六省を配下に置いていた。

古代日本の史料における東宮春宮の初見は、『日本書紀』巻第二十一の

是の皇子(=厩戸皇子)、初め上宮(かみつみや)に居(ましま)しき。後(のち)斑鳩(いかるが)に移りたまふ。豊御食炊屋姫天皇(とよみけかしきやひめのすめらみこと)(=推古天皇)の世(みよ)にして東宮(みこのみや)に位居(ましま)[1]

であり、さらに『日本書紀』巻第三十には

直広壱(ぢきくゎういち)当麻真人国見を以て東宮大傅(みこのみやのおほきかしづき)とす。直広参(ぢきくゎうさむ)路真人跡見をもて春宮大夫(みこのみやのつかさのかみ)とす。直大肆(ぢきだいし)巨勢朝臣粟持(こせのあそみあはもち)をもてとす[2]

とある。同年には無遮大会を東宮に設けた[3]、ともある

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』用明天皇元年5月1日条
  2. ^ 『日本書紀』持統天皇11年2月28日条
  3. ^ 『日本書紀』持統天11年3月8日条

参考文献編集

関連項目編集