メインメニューを開く

高松 静男(たかまつ しずお 1895年 - 1945年9月8日)は、日本の元アマチュア野球選手。愛知県出身。

来歴・人物編集

愛知一中(現・愛知県立旭丘高等学校)から1915年早稲田大学に進み、野球をプレーした。ポジションは左翼手だったと伝わる。1919年に早大の主将として龍ケ崎中(現・茨城県立竜ヶ崎第一高等学校)を指導した記録が残っている[1]

早大卒業後、応召(時期不明)され、終戦後も生き残っていたが、自身は日本が終戦した事を知らないまま1945年9月8日フィリピン北部のルソン島戦死した。享年50。

東京ドーム内の野球殿堂博物館にある戦没野球人モニュメントに、彼の名が刻まれている[2]

脚注編集

外部リンク編集