高根 正昭(たかね まさあき、1931年6月1日 - 1982年9月2日)は、日本の社会学者。

略歴編集

東京出身。1954年学習院大学法学部政治学科卒業、1965年スタンフォード大学大学院コミュニケーション専攻修士課程修了、1972年カリフォルニア大学大学院社会学専攻博士課程修了、社会学博士カリフォルニア州立大学助教授を経て、上智大学教授となった[1]。51歳で死去した。

著書編集

共著編集

  • 『非行文化の時代 新しいライフスタイルの創造』佐伯彰一共著 紀尾井書房 1982

翻訳編集

論文編集

脚注編集