高橋 武生(たかはし たけお、1935年(昭和10年)7月26日 - 2013年(平成25年)2月25日[1])は、日本検察官弁護士福岡高等検察庁検事長、証券取引等監視委員会委員長を務めた。

来歴編集

1963年(昭和38年)検事任官。山形地検横浜地検東京地検各検事正等を経て、1997年(平成9年)福岡高検検事長。1998年(平成10年)に退官し、証券取引等監視委員会委員に就任。2001年(平成13年)に同委員長。

2007年(平成19年)に弁護士登録。2008年(平成20年)の春の叙勲で瑞宝重光章を受章。

2013年(平成25年)2月25日、急性心不全で死去[1][2]。叙正三位

略歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 高橋武生さん死去 朝日新聞デジタル 2013年2月28日閲覧 [リンク切れ]
  2. ^ “(おくやみ)高橋武生氏が死去 元証券取引等監視委員会委員長”. 日本経済新聞 電子版. (2013年2月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2801Q_Y3A220C1CC0000/ 2015年6月26日閲覧。