メインメニューを開く

高橋 興三(たかはし こうぞう、1954年8月20日 - )は日本技術者実業家シャープ株式会社第7代代表取締役社長を務めた。

人物・経歴編集

大阪府出身。1980年静岡大学大学院工学研究科修士課程修了、シャープ入社[1]複写機事業出身で[2]、2008年から執行役員健康環境システム事業本部長としてプラズマクラスターの普及を進めた[3][1]。2010年常務執行役員米州本部長。2012年代表取締役副社長執行役員営業担当兼海外事業本部長。2013年代表取締役兼副社長執行役員プロダクトビジネスグループ担当。2013年から代表取締役社長を務め[1]、経営再建にあたったが、巨額赤字を計上し、2016年に鴻海精密工業による買収を受け入れ退任した[4]

脚注編集

  1. ^ a b c [1]シャープ
  2. ^ シャープ、人材離散続く 元幹部が相次ぎ転出 2015/12/9 2:00 日本経済新聞
  3. ^ 「高橋 興三(たかはし・こうぞう)」プレジデント
  4. ^ シャープ社長に戴氏 鴻海・郭氏側近で最終調整 日本経済新聞2016/5/12 2:00
先代:
奥田隆司
シャープ社長
第7代:2013年 - 2016年
次代:
戴正呉