メインメニューを開く

高沖 陽造(たかおき ようぞう、1906年4月25日 - 1999年10月15日)は、日本文芸評論家翻訳家広島県生まれ。正則英語学校卒。1933年から西洋の文芸思想の紹介を始める。戦後は民主主義科学者協会に所属、マルクス主義芸術理論を研究、紹介した。

著書編集

  • 欧洲文芸の歴史的展望 ダンテからゴーリキイまで 清和書店 1934
  • ニイチェと現代精神 清和書店 1935
  • 芸術学 ナウカ社 1936
  • 文芸思想史 三笠書房 1936 (唯物論全書)
  • 芸術学 美瑛堂 1937
  • 戯曲論 霞ケ関書房 1947
  • 芸術哲学 山本書店 1947
  • 欧洲文芸思潮史 ダンテよりジイドまで 北斗書院 1948
  • 美学 季節社 1948
  • 世界文学 ダンテからジイドまで 評論社 1949
  • ニイチェ破壊より建設へ 古明地書店 1950
  • 芸術学小辞典 人間が芸術にもとめるもの 厚文社 1953
  • 悲劇論 創樹社 1994.1
  • 喜劇論 創樹社 1997.1
  • 治安維持法下に生きて 高沖陽造の証言 太田哲男ほか編 影書房 2003.6

翻訳編集

  • ドイツ古典哲学の進歩性 ハインリツヒ・ハイネ 栗原佑共訳 改造文庫 1933
  • ニイチエとジイド / アンリ・ドラン 淀野隆三共訳 建設社 1934
  • キァンディド /ヴォルテール 春陽堂 1934 のち文庫 
  • 装甲巡洋艦 海戦小説 フランツ・シアウウェッカー 拓南社 1942
  • 決戦下の健民厚生 ナチス国民厚生団(N.S.V)の戦時活動 ハンス・ベルンゼー 国際日本協会 1943
  • 世界政治宣伝史 シーザーよりガンディまで A.シュテゥルミンガア 岡倉書房 1943
  • 決戦下のドイツ婦人 銃後活動の全貌とその業績 イルゼ・ブレツシユリーベ 国際日本協会 1943
  • 売られた農民 ブラジル原始林における売られた兵隊の後日物語 エルヴィン・ヘッス 国際日本協会 1943
  • 国民科学としての文芸学 ペェタァゼン 大観堂出版 1944
  • 平和革命論 レーニン野坂參三(編著)三和書房 1946.9
  • パンセ /パスカル 白鳳書院 1949
  • マルクスエンゲルス芸術論 評論社 1949
  • トォマス・ミュンツァー 虹の旗をもてる男 フリードリッヒ・ヴォルフ 創樹社 1999.5

参考文献編集

  • 日本近代文学大事典
  • 新聞の死亡記事