高濱秀

日本の考古学者 (1949-)

高濱 秀(たかはま しゅう、1949年3月 - )は、日本の考古学者。

高濱 秀
人物情報
生誕 1949年3月(75歳)
日本の旗 日本兵庫県
出身校 東京大学
学問
研究分野 考古学(東洋考古学)
研究機関 東京国立博物館金沢大学
テンプレートを表示

経歴 編集

1949年兵庫県生まれ[1]東京大学文学部、東京大学大学院人文科学研究科考古学を専攻する。1973年、同研究科を卒業し、同年より東京国立博物館に勤務。東洋課室長。2001年より金沢大学文学部教授となり[2]、2014年に退職(最終講義演題「中国の初期馬具をめぐって」)[3]

研究業績 編集

著書 編集

退職記念論文集 編集

  • 『ユーラシアの考古学』髙濱秀先生退職記念論文集編集委員会 編、六一書房、2014年[5]

脚注・出典 編集

  1. ^ a b 目次・著者紹介 紀伊國屋書店.2024年3月24日閲覧。
  2. ^ 高浜秀 教授 / 金沢大学考古学研究室 - ウェイバックマシン(2020年10月26日アーカイブ分)
  3. ^ 髙濱秀先生最終講義 - ウェイバックマシン(2016年6月6日アーカイブ分)
  4. ^ 「Preliminary Report of the Archaeological Investigations in Ulaan Uushig I (Uushigiin Övör) in Mongolia」高濱秀・林俊雄・川又正智ほか
  5. ^ 内容・目次 六一書房.2024年3月24日閲覧。

外部リンク 編集