メインメニューを開く

高配向性熱分解グラファイト(こうはいこうせいねつぶんかいグラファイト、: Highly oriented pyrolytic graphite, HOPG)は、高純度で配向のよい人造黒鉛を指す。モザイク広がりが小さいこと、つまり個々のグラファイト微結晶の向きが互いによく一致していることが特徴である。最高品質の HOPG 試料のモザイク広がり角は 1° を下回る。X線光学においてはモノクロメーターとして使用される他、走査型プローブ顕微鏡に基板として、および拡大率校正用に用いられる[1][2]

英語では “highly ordered pyrolytic graphite” と呼ばれることもあるが、IUPAC は “highly oriented” がより望ましいとしている[3]

合成編集

HOPG の生産法は通常の熱分解グラファイト英語版のそれに基いているが、基底面方向に引張応力をかける点がことなる。これによりグラファイト結晶の配向性が向上し、層間距離も自然の黒鉛で見られるものに近付く。この、黒鉛の「応力再結晶」は L.C.F. Blackman と Alfred Ubbelohde により、1962年に初めて説明された[4]

HOPG の各微結晶の直径は、典型的には 1–10 µm 程度である[5]

脚注編集

  1. ^ R. V. Lapshin (1998). “Automatic lateral calibration of tunneling microscope scanners” (PDF). Review of Scientific Instruments (USA: AIP) 69 (9): 3268-3276. doi:10.1063/1.1149091. ISSN 0034-6748. http://www.lapshin.fast-page.org/publications.htm#automatic1998. 
  2. ^ R. V. Lapshin (2015). “Drift-insensitive distributed calibration of probe microscope scanner in nanometer range: Approach description” (PDF). Applied Surface Science (Netherlands: Elsevier B. V.) 359: 629-636. doi:10.1016/j.apsusc.2015.10.108. ISSN 0169-4332. http://www.lapshin.fast-page.org/publications.htm#approach2015. 
  3. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "Highly oriented pyrolytic graphite".
  4. ^ LCF Blackman, AR Ubbelohde (1962). “Stress Recrystallization of Graphite”. Proceedings of the Royal Society of London A266: 20–32. doi:10.1098/rspa.1962.0044. 
  5. ^ AW Moore (1962). “Highly oriented pyrolytic graphite”. Chemistry and physics of carbon 11: 69–187.