メインメニューを開く

人造黒鉛(じんぞうこくえん、:Synthetic Graphite)とは、人工的に生成された黒鉛のことである。合成黒鉛または、合成グラファイトと呼ばれる。

概要編集

黒鉛は一般的には天然黒鉛を指す。天然黒鉛は鉛筆など身近にもあるが、人造黒鉛はリチウムイオン電池の負極材、自動車のブレーキ材、人造黒鉛電極など、やや特殊な用途に使われている。

歴史編集

合成グラファイトの製造過程は、Edward Goodrich Achesonによって、発明された。

製法編集

原料は高純度のコークス(炭素)とタールピッチである。一部製造過程において約3000°Cの熱処理が必要であるが、ガス石油石炭など化石燃料の燃焼ではこのような高温をだすことは不可能であるため、主に電気エネルギーを用いて製造されるのが主流である。

人造黒鉛の材料メーカー編集

関連項目編集